ミノタブを止めたらどうなる?

AGA

ミノタブを継続したことで十分に発毛した。毛髪が太く元気になった。
しかし、いつまでミノタブを続けたらよいのか?副作用が出るのは稀ではあるようですが、長期間継続して大丈夫なのか?それに、病院処方のミノタブは高くて経済的に厳しいのが本年です。

などなど、理由は様々かもしれませんが、特にある程度、発毛効果を感じるとミノタブの服用を止めたくなる人も一定数いるようです。
ですが、もしミノタブの服用を止めて弊害はないのでしょうか?

ミノタブを止めれば薄毛は再進行

結論を先に言いますと、薄毛の進行を望まないのならばミノタブの服用は止めないでください。
もし、ミノタブを服用を止めれば薄毛が再度、進行が開始するはずです。
ミノタブはAGA(男性型脱毛症)治療効果がある医薬品ではありますが、残念ですがAGA(薄毛)を根本的にと治療できるお薬はまだ開発されていません。

ミノタブを止めれない理由:薄毛が完治する薬はこの世にはありません。

そのため、ミノタブを服用しても髪の毛が生えるが薄毛の原因を完全に取り除く効果がありません。
よって、ミノタブを服用しなくなれば発毛力は低下していくことになり、ミノタブの服用を開始した当時と同じ状態か、もしくは根本の原因が更に進行してれば以前より薄毛になる可能性もあるというものです。
繰り返しますが、現在、AGAの根本的な治療薬はありませんので、ミノタブを含めた効果がある医薬系の薄毛治療薬は、薄毛の進行を止める、遅らせる薬です。

ミノタブは正しく用法容量を守って継続が必要です。

ミノタブを服用を止めた場合の懸念点

先にお話ししたいように、ミノタブなどのAGA治療薬の服用を止めれば、基本的にはAGAが再度進行を始めます。人によってはある程度、発毛したし、お金が勿体ないから等の理由で一度、ミノタブの服用を止めるかもしれません。

一度、止めて抜け毛が増えたら、またミノタブの服用を再開すれば良いとお考えでしょうが、やはり、それは勿体ないと考えます。

この勿体ないと言うのは、毛根の細胞分裂の限界という現実です。
つまり、毛髪は毛根内の「毛母細胞」が細胞分裂する事で、毛髪が抜けても再度、生えてきます。
そして、重要な点としては、人の細胞の分裂限界は「50回/一生」と言われておりますので、1つの毛根から毛髪が50回生えれば、その毛根は終了となってしまいます。

そうなんです。完全なハゲになりますので、このような毛根がなくなった状態は植毛などの対応が必要になります。

もし、一生、自分の髪の毛をお付き合いをしたいのでしたら、一本一本の毛根を大切にしてあげてください。

経済的な理由でミノタブを止めたいなら

もし、ミノタブを経済的な理由で止めたいのでしたら通販ミノタブに切り替えるべきです。
それぞれ、AGAに使用できる一月に金額は異なるとは思います。ですが、やはり病院で処方は費用が高額になるのが一般的です。

一般的に、クリニックでの費用は2万円/月(1年:24万、10年240万円)というところでしょうか。

これに比べて通販ミノタブですと以下のロニタブがおススメ出来ます。

通販のロニタブ 10mgならば5211円/月ですのでクリニックの1/4の費用で済みます。
*錠剤を半分(5mg)での服用でも十分な効果がありますので、1/8の費用にするのも手間さえ惜しまなければ可能です。

ロニタブ10mg1箱10錠(Lonitab-10)インタス社│男性型脱毛症│三越屋
ロニタブ10mgは毛根に必要な栄養を十分に行きわたらせる効果がある主成・ミノキシジルです。女性も唯一利用できる薄毛治療タイプの成分です。個人輸入代行の三越屋は送料無料でお届け。

また、更に安価なジェネリックのミノタブもありますが、小規模な医薬品メーカですが、また安価なジェネックです。

ミノタブ5mg 50錠/箱|ミノキシートップ5mg-発毛/育毛
ミノキシートップ5mgはミノタブのジェネリックです。成分がミノキシジルで毛根に必要な栄養を十分に行きわたらせる効果があります。女性通販も人気の男女兼用で利用できる服用タイプの薄毛治療薬です。個人輸入代行の三越屋は送料無料でお届け。

1箱50錠あたり1,100円~ですので、1錠あたり22円となります。
ロニタブより、更にお安くはなっていますが、歴史が浅い医薬メーカーですが、賢くAGA治療の継続をご検討ください。

ロニタブ錠剤を割って適量で服用

ロニタブは10mgと5mgタイプが販売されていますが、1日最大10mgを限度とされています。
5mgでも効果がありますので、服用を止める理由が副作用や経済的ならば、分割服用も良いかもしれません。

ロニタブの錠剤タイプは分割しても問題ありません。
*お薬の中には分割が出来ないタイプの薬もあります。
 お薬の分割の詳細はこちら

お薬の中には胃に負担をかけないのように、腸で溶けるようにコーティングに工夫がされているモノもあります。


ですが、ロニタブは「素錠」といって、薬を整形しただけで表面には特にコーティングはされていません。
ですので分割しても問題はありません。

AGAクリニック等では、「オリジナル治療薬」等を販売しているように、安価なミニキシジルと様々なサプリ(ビタミン、亜鉛、ニコギリヤシ、L-リジン)を混合させ、再結合させたお薬を高額で処方する所もあるようです。

同成分は1960年代から毛高血圧用のお薬として使用され、1980年代に薄毛にも効果があるとして販売・使用されてきております。
ですが、この医薬品が原因の死亡事故など重篤な副作用の明確な報告例はでておりません。

医薬品ですので稀な副作用というのは無視できませんが、せめて適切な摂取量で薄毛対策を実施する事が推奨されます。

参考:お薬(錠剤)を分割しても良いのでしょうか?

AGAクリニックは信用するな情報武装

費用がかかってもAGA治療を続けるならば、やはり病院で治療を続けたい。
それならば、まずは知識武装をしっかりとしてください。特に注意が必要なのはAGA専門クリニックです。

AGA専門クリニックは医学知識は少なくても出来るので医師として「落ちこぼれ」(元眼科医や麻酔医など)でも比較的簡単に開業が出来るようです。
このAGA業界は自由診療ですのでネットから正確な情報を得られない情報弱者の患者をターゲットとしているようです。もちろん、医師の中には「薄毛の人を治療するのが好きな」医師もいるかもしれませんが、大半が楽に設けることが出来そうな業界というので参入した医師も多いようです。

このネット社会では医者以上の知識がネット上にあります。そして、AGA治療で効果があると認可されている薬は既にジェネリック薬品として海外の大手製薬メーカーから販売されています。

先に言いましたようにAGAは根本的な治療方法、治療薬は発見されていません。
今、出来る最先端医療は「フィナステリ」「ディタステリド」「ミノキシジル」の3種類が薄毛の進行を止める、遅らせる効果がある医薬品です。

上記の薬で治らない薄毛は現代の医学でも直すのは非常に困難です。

同時にAGA専門クリニックでは、これらの薬を提供する事しかできません。
そして、怖いことに彼らは効果が不確かな独自調合サプリメントなどとして高額に販売したりします。

一度、AGAクリニックで診察を受けてみるといいでしょう。ちょっとしたアンケート形式の診察をしてお薬を処方するだけです。
*血液検査やレントゲンなども基本はしません。

植毛などもありますが、それはまた別の技術です。

AGA専門クリニックは「ぼったくり」が多いので注意してください。
不要なサプリメントを機具を売りつけられる事もあります。

このように、お薬の処方しか出来ないのがAGAクリニックですし、中にはミノキシジルに「サプリメント」等を混ぜ「オリジナル薄毛治療薬」や特殊なシャンプーなどを高額で販売するようなクリニックもあります。

同成分のジェネリック医薬品が通販(個人輸入)で非常に安価に購入できる訳です。

タイトルとURLをコピーしました