タダシップの正しい服用方法と通販

ED2

タダシップとは

タダシップ錠剤

タダシップはED(勃起不全)治療薬の中では最新の治療薬です。
有効成分「タダラフィル」ですが、先発薬としては「シアリス」が有名です。

先に発売されている他のED治療薬としてはバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)を改善したかのような効能を持ち合わせています。

剤型は画像のように卵型しており、中身は白い薬剤です。

「ウィークエンド・ピル」と呼ばれている理由としての最大効果持続時間が36時間ですので、金曜の夜に服用すれば、日曜日まで効果が持続するのでパートナーとの長い夜を満喫でいます。

タダシップの特徴は効果は穏やかに最大36時間継続します。

また、食事の影響を受けない(受けにくい)事もメリットになるでしょう。

最安値を販売ページでチェック

ED治療薬で効果がない経験を持たれている方の多くが「食事」の影響を受けていると言われています。

ですが、このタダシップにおいては、約800kcalまでの食事ならば影響を受けずに利用できます。

目安となるカロリー表がご覧になられると思いますが目安にして下さい。牛丼の大盛や、豚骨ラーメンを選択すればカロリーは大幅に上がりますのでご注意ください。

タダシップ時の食事の目安
▼要点まとめ
有効成分:タダラフィル
作用時間:約36時間(20mg,10mgにカットする場合は20~24時間)
服用方法:性行為の1時間前(できれば空腹状態が好ましい)
併用禁忌薬:硝酸剤及びNO供与剤・sGC刺激剤・グレープフルーツ
副作用:顔のほてり・目の充血・頭痛・動悸・鼻詰まり・筋肉痛
食事の影響:影響は受けにくいが800kcalを上限にして下さい。
飲酒:適度な飲酒なら可能(飲み過ぎは効果半減)
先発薬:シアリス
剤形:「錠剤」
作用機序:勃起に必要なサイクリックGMPを破壊する「PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)」という酵素の分泌を阻害し勃起を促進させる。

詳細タダラフィル:Wikipedia

タダシップの服用方法と注意点

・タダシップはグレープフルーツジュース(柑橘系)での服用は厳禁です。

その他は特に制限はありませんが乳製品など胃に膜ができ吸収の様だけになりやすいので避けた方が良いでしょう。

制限、制約が少ないタダシップですが、グレープフルーツジュースは副作用が発症しやすくなります。

・効果は服用から30分~4時間で効果があらわれます。
*服用者の状態によって差がでるようです。

・タダシップは20mg/錠ですが適量が分からない場合は半分に分割し10mgから始めてみてください。
*ED(勃起不全)の症状が軽微な方は5mgでも十分な場合もあります。

分割時にはハサミ等を使用すると、錠剤がつぶれ粉々になってしまう恐れがありますので、ピルカッター等をご使用いただくと綺麗に分割が出来ます。

タダシップは媚薬や興奮剤?

タダシップによりED(勃起不全)の治療が出来ますが、性的な興奮を増大させる興奮剤や性欲増進作用があるわけではありません。

勃起力、行為時間や回数の増大により媚薬(惚れ薬)としての効果は男性ならば理解できるでしょう。

全てのED治療薬に言えますが、性的刺激によってはじめて勃起が開始しますので服用したからと言って勝手に勃起し続ける事はありません。
また、女性に飲ませたりしても催淫剤や興奮作用もありません。

タダシップと勃起メカニズム

男性器の勃起のメカニズムとしては、性器は細い血管がスポンジ状の集まった器官になります。

ここに血液が流れる事でかたくなりますが、通常は「平滑筋(へいかつきん)」という筋肉により絞られている状態で男性器への血液量を制限しています。

そして、人が性的に興奮したり何らかの刺激を受けると、脳からの信号より「平滑筋」が「緩み」、男性器へ血液が送り込まれて硬くなります。

この平滑筋を「緩ませる」役割をしているのが「cGMP」という酵素になります。

また、一方、「cGMP」の働きを阻害する「PDE5」という酵素も存在しています。

この「cGMP」と「PDE5」の両者のバランスにより勃起したり、勃起を収束させたりしています。

本来は「PDE5」も、不用意に勃起し続けないようにする重要な酵素ですが勃起不全においては悪役と位置付けられています。

タダシップは勃起を阻害する「PDE5」酵素の活動を抑制します。

つまり、ED(勃起不全)の人の体内では「PDE5」の分泌が異常となり、分泌量や分泌タイミングに問題があります。*PDE5が優勢になっている。

そこでタダシップ(タダラフィル)はこの「PDE5」の働きを抑制する事で、正常に勃起を促すことが出来るようになります。

タダシップの歴史

タダシップはシプラ社(Cipla)はインドの製薬会社はED治療薬だけでなく、HIV(エイズ)の治療薬・製造としても世界的に有名なメーカです。

1935年設立の長い歴史があり、株式上場もしている大手製薬会社です。

信頼のおける大手製薬会社製である事は重要です。

タダシップの主成分「タダラフィル」はED(勃起不全)の改善効果だけなく、「肺動脈性肺高血圧症」と「前立腺肥大の排尿障害」にも効果があります。

「肺動脈性肺高血圧症」の治療薬の名称は「アドシルカ」、「前立腺肥大の排尿障害」の名称は「ザルテイア」と効能は同じですが別名称で販売されています。

タダラフィルのその他の製品

タダシップはシアリスの後発薬として有名ですが、その他の後発薬も同様の効能があります。

後発薬には複数のED治療薬がありますがシプラ社かアジャンタファーマ社ならばインド製ですが大手製薬会社で株式上場しているので安心して個人輸入(通販)が可能では無いでしょうか。

タダリスSX

製造・販売会社はカマグラでお馴染みのアジャンタファーマ社(Ajanta Pharma Ltd)です。

タダリスSXに興味がある方は、

最安値を販売ページでチェック

コストパフォーマンス重視でしたら、やはりタダシップがお薦めです。(タダシップ通販なら

タイトルとURLをコピーしました