ミノタブの正しい服用方法と通販

AGA2

ミノタブとは

ミノタブはミノキシジル・タブレットの「ミノキシジル」は髪の毛に塗布するタイプでの育毛、発毛は日本でも有名な成分ですね。
この中で国内では処方箋がなければ入手できない「より効果的」な服用タイプがあり、通販でも購入可能な「ロニタブ」がります。

ロニタブは男性にのみ効果があるフィンペシア(フィナステリド)とは異なり、女性にも効果がある薄毛治療薬です。

ロニタブの成分のミノキシジルは外用薬として薬局等でも販売が出来る事より、製薬会社以外からも販売がされています。

女性にも発毛効果があるのがミノキシジルです。

元々は血管拡張剤として高血圧患者に処方されたお薬ですが、全身の毛が濃くなる「多毛症」と呼ばれる副作用より、薄毛治療薬への転用されたのが同成分のロニタブです。

血管を拡張させる効能により頭皮の血行が改善し、毛根に栄養が届きやすくなり、発毛、育毛効果があるとされています。’

最安値を販売ページでチェック

フィンペシアとロニタブの併用

つまり、成分のフィナステリドとミノキシジルの併用は問題ありません。

これは、薬の効効が異なるため併用については問題が無いと言う意味です。たとえば、心臓病のお薬の服用中の方が、似たような効能の血圧に作用するロニタブの服用(併用)は危険になります。

どんなお薬にも相性や副作用の発症が懸念されます。
お体が正常でない方は、まずは医師へご相談をして下さい。

ロニタブとフィンペシアの併用によって、「抜毛防止」↔「発毛、育毛」の効果により一段と増毛が期待できます。

塗り薬は効果が薄い

実際に市販の塗り薬で「フサフサ」になって人の話を聞いたことがありますか

殆どの塗り薬は濃度が5%は、厚労省が許可しいてる用量であるだけです。
そして、海外で人気のある塗り薬のミノキシジルは15%のものとなっています。

また、実際に効果を実感できており、繰り返し利用しているのは飲み薬の方が多い実情もあります。

服用タイプは身体内部の血管から作用するので効果が出やすい

外用タイプは1日に複数回散布する事が推奨されています。
ですが、使用すると髪の毛が「ベター」としてしまうのでヘアースタイルが問題になる事もあり、

結局、飲み薬に切り替える方も多くロニタブなどが人気の商品となっています。

ミノタブを止めたらどうなる?

ミノタブは塗布するタイプと服用タイプ(ロニタブ)のどちらでも言えますが、治療を止めたらどうなるのでしょうか?

基本的にAGA治療の一生、お薬の服用が必要になります。
飲むのを止めれば飲む前の状態に戻りますので、そもそもの薄毛の原因が残っている状態でしたら、また薄毛が進行する事になります。

ミノタブを止めるか?継続するか?で悩む場合は以下をご覧ください。

1.毛根(毛髪)の細胞分裂(毛髪の再生回数)は「50回/一生」と言われています。
2.クリニックでの費用は2万円/月(1年:24万、10年240万円)

経済的な理由でミノタブを止める事が無いように早めに「ロニタブ」などのジェネリックへの切り替えをお勧めします。

ロニタブ 10mgは5211円/月ですのでクリニックの1/4の費用で済みます。
*錠剤を半分(5mg)での服用でも十分な効果がありますので、1/8の費用で済む方法もあります。

ロニタブ10mg1箱10錠(Lonitab-10)インタス社│男性型脱毛症│三越屋
ロニタブ10mgは毛根に必要な栄養を十分に行きわたらせる効果がある主成・ミノキシジルです。女性も唯一利用できる薄毛治療タイプの成分です。個人輸入代行の三越屋は送料無料でお届け。

ロニタブ錠剤を割って適量で服用

ロニタブは10mgと5mgタイプが販売されていますが、10mgは毎日飲むには用量が多くなっています。
通常は2.5mg~5mgの服用が一般的とされています。

ロニタブはお薬は分割しても問題ありません。
*お薬の中には溶けるタイミングを調整するために設計された錠剤があります。

お薬の中には胃に負担をかけないのように、腸で溶けるようにコーティングに工夫がされているモノもあります。


ですが、ロニタブは「素錠」といって、薬を整形しただけで表面には特にコーティングはされていません。
ですので分割しても問題はありません。

AGAクリニック等では、「オリジナル治療薬」等を販売しているように、安価なミニキシジルと様々なサプリ(ビタミン、亜鉛、ニコギリヤシ、L-リジン)を混合させ、再結合させたお薬を高額で処方する所もあるようです。

同成分は1960年代から毛高血圧用のお薬として使用され、1980年代に薄毛にも効果があるとして販売・使用されてきております。
ですが、この医薬品が原因の死亡事故など重篤な副作用の明確な報告例はでておりません。

医薬品ですので稀な副作用というのは無視できませんが、せめて適切な摂取量で薄毛対策を実施する事が推奨されます。

AGAクリニックは信用するな情報武装

AGA専門クリニックのような医師は、いわゆる「おちこぼれ」や元が眼科医や麻酔医だったりするようです。

実際、AGAやEDクリニックなどは、ちょっとしたアンケートという診察をしてお薬を処方するだけです。
*血液検査やレントゲンなども基本はしません。

AGA専門クリニックは「ぼったくり」が多いので注意してください。
不要なサプリメントを機具を売りつけられる事もあります。

そして、上記でも触れましたように、ミノキシジルに「サプリメント」等を混ぜ「オリジナル薄毛治療薬」等として高額で販売するようなクリニックもあります。

同成分の医薬品が通販(個人輸入)で非常に安価に購入できる訳です。

タイトルとURLをコピーしました