ミノタブの正しい服用方法と通販

AGA2

ミノタブとは

ミノタブはミノキシジル・タブレットで飲む毛生え薬です。
成分「ミノキシジル」は頭皮の血流を促し、毛根が栄養を得やすい頭皮環境のお手伝いを致します。
ミノキシジルというとリアップなどの塗布するタイプが知名度が高いのですが、ミノキシジルは元々は飲むタイプのお薬です。

ドラッグストアーでも販売が可能な塗布タイプのミノキシジルも一定の効果がありますが、まずは服用タイプからミノタブから始め、補助的に塗布タイプのミニキシジルが一般的です。

ミノタブ通販ならばロニタブ

ミノタブはドラッグストアでは入手できないタイプの医薬品ですが、簡単に入手するならミノタブ通販として「ロニタブ」という製品があります。
幾つかのミノタブ製品はありますが、どれも正規のジェネリック品ですので、お好きなメーカのミノタブをご選択ください。

ミノタブは男女兼用が出来る薄毛治療薬です。
薄毛治療薬に成分フィンペシア(フィナステリド)がありますが、こちらは女性の使用は禁忌です。

ロニタブの成分のミノキシジルは外用薬として薬局等でも販売が出来る事より、製薬会社以外からも販売がされています。


女性にも発毛効果があるのがミノタブです。

元々は血管拡張剤として高血圧患者に処方されたお薬ですが、全身の毛が濃くなる「多毛症」と呼ばれる副作用より、薄毛治療薬への転用されたのが同成分のロニタブです。

血管を拡張させる効能により頭皮の血行が改善し、毛根に栄養が届きやすくなり、発毛、育毛効果があるとされています。’

ミノキシジルの詳細を確認
ミノタブの詳細を確認

フィンペシアとロニタブの併用

つまり、成分のフィナステリドとミノキシジルの併用は問題ありません。

これは、薬の効効が異なるため併用については問題が無いと言う意味です。たとえば、心臓病のお薬の服用中の方が、似たような効能の血圧に作用するロニタブの服用(併用)は危険になります。

どんなお薬にも相性や副作用の発症が懸念されます。
お体が正常でない方は、まずは医師へご相談をして下さい。

ロニタブとフィンペシアの併用によって、「抜毛防止」↔「発毛、育毛」の効果により一段と増毛が期待できます。

塗り薬は効果が薄い

実際に市販の塗り薬で「フサフサ」になって人の話を聞いたことがありますか

殆どの塗り薬は濃度が5%は、厚労省が許可しいてる用量であるだけです。
そして、海外で人気のある塗り薬のミノキシジルは15%のものとなっています。

また、実際に効果を実感できており、繰り返し利用しているのは飲み薬の方が多い実情もあります。
しかしながら、服用タイプでも塗り薬タイプでも効果を持続するためには継続する必要があります。

服用タイプは身体内部の血管から作用するので効果が出やすい

外用タイプは1日に複数回散布する事が推奨されています。
ですが、使用すると髪の毛が「ベター」としてしまうのでヘアースタイルが問題になる事もあり、

結局、飲み薬に切り替える方も多くロニタブなどが人気の商品となっています。

ミノタブとミノキシジルの併用

ミノタブは飲むタイプのミノキシジルですが、塗布タイプのミノキシジルでも効果はあります。
強い効果といえば、やはりミノタブでしょう。また、コスト的にもミノタブが強いとでしょう。
選択肢としては第一にミノタブ、補助的に散布タイプのミノキシジルが最も効果的なはずです。

楽天やAmazonでは口コミが見れない

リアップなどの散布タイプのミノキシジルの口コミや評価を知りたいとして、Amazonや楽天を見ても情報がないですよね?口コミが手軽にかけて影響度が高い所では情報発信をしていません。
実際、医薬品通販サイトでは、散布タイプのミノキシジルの評価が見れますので、一度、ご自身のお目で確認してみてください。

医薬品通販サイトの人気順位でもミノタブ

医薬品通販サイトを見てもらえば分かると思いますが、ミノタブと散布タイプのミノキシジルとでは、ミノタブは良く売れており、販売数量は桁違いに違うはずです。
ネットリテラシーが低い人達はネットから情報が得られないので、広告からの情報で高いお金を払い続ける事になるでしょう。

ミノキシジルだけでAGA治療をされる場合は、ミノタブの服用と、ミノキシジルの散布を併用する人が少なくないのは、まずミノタブで効果が得られたので、欲が出るがミノタブの増量服用には限界があるので、散布タイプのミノキシジルの併用を始められる方が少なくないのでしょう。

更に強く治療をしたい人は「フィンペシア」も同時に併用される人も多くいられます。

会員登録でお得に便利に快適に通販医薬品

タイトルとURLをコピーしました