ミノタブの正しい服用方法と通販

AGA2

ミノタブとは

ミノタブはミノキシジル・タブレットの「ミノキシジル」は髪の毛に塗布するタイプでの育毛、発毛は日本でも有名な成分ですね。
ミノタブは薄毛治療薬として承認をされていないのですが、処方をしてくる病院(クリニック)もあります。これらの病院(クリニック)は輸入代行などを利用して入手しているようです。
個人でも海外通販でも購入可能な「ロニタブ」などがあります。

ミノタブ(ロニタブ)は男性にのみ効果があるフィンペシア(フィナステリド)とは異なり、女性も利用ができ効果がある薄毛治療薬です。

ロニタブの成分のミノキシジルは外用薬として薬局等でも販売が出来る事より、製薬会社以外からも販売がされています。

女性にも発毛効果があるのがミノキシジルです。

元々は血管拡張剤として高血圧患者に処方されたお薬ですが、全身の毛が濃くなる「多毛症」と呼ばれる副作用より、薄毛治療薬への転用されたのが同成分のロニタブです。

血管を拡張させる効能により頭皮の血行が改善し、毛根に栄養が届きやすくなり、発毛、育毛効果があるとされています。’

ロニタブの販売ページを確認

フィンペシアとロニタブの併用

つまり、成分のフィナステリドとミノキシジルの併用は問題ありません。

これは、薬の効効が異なるため併用については問題が無いと言う意味です。たとえば、心臓病のお薬の服用中の方が、似たような効能の血圧に作用するロニタブの服用(併用)は危険になります。

どんなお薬にも相性や副作用の発症が懸念されます。
お体が正常でない方は、まずは医師へご相談をして下さい。

ロニタブとフィンペシアの併用によって、「抜毛防止」↔「発毛、育毛」の効果により一段と増毛が期待できます。

塗り薬は効果が薄い

ミノキシジルの市販塗り薬で「フサフサなるのは難しいとは思います。
毛根の血行促進を外部(頭皮)からは効果が浸透するのは難しいと思います。
また、ミノキシジルの濃度は5%までが厚労省が許可しいてる用量であるだけでありますが、5%での効果は根拠が薄くなっています。また、海外ジェネリックの塗り薬のミノキシジルは15%が最高の濃度になっています。
ネットで調べても口コミではミノタブ(服用タイプ)での効果は見られますが、塗るタイプでの効果があった話は本当に少ないのが実感です。実際は「現状維持」が出来れば良い方では無いでしょうか。

服用タイプは身体内部の血管から作用するので効果が出やすい

外用タイプは1日に複数回散布する事が推奨されています。
ですが、使用するとヘアースタイルに支障が出る事にもなり、結局、ミノタブ(服用タイプ)に切り替える方も少なくありません

ミノタブは同成分は1960年代から高血圧用のお薬として使用され、1980年代に薄毛にも効果があるとして販売・使用されてきております。
塗り薬タイプを販売するメーカーは飲み薬の身体に良くないとしていますが、これまで(1960年~)ミノタブが原因で重篤な副作用などの致命的な報告例はでておりません

AGAクリニックは信用せず情報武装

AGA専門クリニックで良く聞く情報としては医薬品ではないサプリメントを「オリジナル薄毛治療薬」として高額に販売しているところもあるようです。
または、安価なミニキシジルと様々なサプリ(ビタミン、亜鉛、ニコギリヤシ、L-リジン)を混合させ、再結合させたお薬を高額で処方する所もあるようです。

もちろんビジネスとしてAGAクリニックを経営しているので仕方はありませんが、「知らない事」がために営業トークに負けて更にAGA治療費を高額なモノにしないようにして頂きたいです。

AGA専門クリニックの医師は、元が眼科医や麻酔医だったりするようです。
AGAクリニックでは簡単な診察でお薬を処方するだけですので医師としては関単に専門を切り替える事ができるようです。

AGA専門クリニックは自由診療(費用が自由に設定できる)ので「不必要な請求」にあわないように注意してください。
不要なサプリメントや機具を売りつけられる事もあります。

関連情報:ミノタブ服用を止めたら

タイトルとURLをコピーしました