ディタステリドとフィナステリドで効果的なのは?

AGA

アボダートとは?

アボダート側頭部にも効果あり
参考:三越屋

アボダートとは薄毛治療薬の「サガロー」のジェネリックで「ディタステリド」が配合されています。

脱ホルモン抑制(毛髪が抜ける原因)する脱毛を止める効果があるアボダートです。
フィナステリドと同様な効能があり、どちらを選択したら良いか迷うかと思います。
アボダートの特徴としては「側頭部」の薄毛にも効果が有る点がフィナステリドとの大きな違いでは無いでしょうか。

アボダートの先発薬「サガロー」は日本でも承認されています。

アボダートの通販ページを確認

ディタステリドとフィナステリドはどちらが良い?

ジヒドロテストロンが毛根を攻撃
参考:三越屋

AGA患者の抜け毛防止では医薬成分のディタステリドとフィナステリドが選択肢に入るかと思います。両成分はどちらも抜け毛を促すDHT(ジヒドロテストロン)がテストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼが結びつく事で生成され薄毛が進行します。
ディタステリドフィナステリドもこの「厄介なDHT」の活動を抑制する事で抜け毛を防止する事が出来ます。

両成分の違い、フィナステリドは男性型脱毛症が現れやすい頭頂部とオデコの生え際に効果があるりますが、ディタステリドは「これに加えて」側頭部、後頭部の薄毛にも効果があると言われており薄毛治療の有効範囲ではディタステリドが勝っていると言えます

フィナステリドは効果
参考:三越屋

フィナステリ頭頂部とオデコの生え際に効果

・「ディタステリド」は頭頂部、オデコの生え際でけでなく側頭部、後頭部にも効果があります。

両者の違いを整理すると、
フィナステリドは「頭頂部、オデコの生え際」に強く効果を持つ。
  *側頭部、後頭部には効果がない。
ディタステリドは「頭部全体」に平均的に効果を持つ。
  *頭頂部、生え際、側頭部、後頭部へ効果。

アボダートとディタステリド
参考:三越屋

ディタステリドが優れているか?

では、まず薄毛治療を始めるにはディタステリドの方が優れているようですが、以下2つの懸念点があります。

懸念点1:費用
懸念点2:信頼性

まず、「費用」面においては、海外ジェネリックにおいても価格的にはフィナステリドの方が安価であるようです。また、ディタステリドはカプセル系の錠剤でもあり分割服用もしにくい点でコスパが悪いと考えられます。

次に、「信頼性」においては、ディタステリドはAGA治療薬として承認されているのは世界中では「日本、韓国」のみとなっています。他の国ではなぜディタステリドの方が優れている(そのような検証データもあり)と思われるが承認されてないかの理由は定かではないですが、長期間利用するお薬としてはフィナステリドと比べると実績数は明らかに少ない点が懸念点となります。

上記のように2つの懸念点は関係しているかと思います。
世界的に普及すれば価格も下がってくるでしょうが、現状、AGA治療薬としては2カ国のみの承認となっています。

以下で価格を比較してみて下さい。

また、一般的な男性型脱毛症の場合は「側頭部、後頭部には問題が無い」ことが多いためフィナステリド系で十分に対応が可能という考えもあります。

タイトルとURLをコピーしました