ディタステリドとフィナステリドで効果的なのは?

AGA

アボダートとは?

アボダート側頭部にも効果あり
参考:三越屋

アボダートとは薄毛治療薬の「サガロー」のジェネリックで「ディタステリド」は配合されています。

脱ホルモン抑制(毛髪が抜ける原因)する脱毛を止める効果がある薄毛治療薬です。
フィナステリドが同様の効能があり、どちらを選択したら良いか迷うかと思います。
アボダートの特徴としては「側頭部」の薄毛にも効果が有る点がフィナステリドとの大きな違いでは無いでしょうか。

ジェネリック薬品のアボダートの先発薬「サガロー」は日本でも承認されています。

ディタステリドとフィナステリドはどちらが良い?

ジヒドロテストロンが毛根を攻撃
参考:三越屋

両成分はどちらも抜け毛を促すDHT(ジヒドロテストロン)がテストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼが結びつく事で生成されます
ディタステリドフィナステリドも「この問題のDHT」の活動を抑制する事で抜け毛を防止する事が出来ます。

両成分の違いとしては、フィナステリドは男性型脱毛症が現れやすい頭頂部とオデコの生え際に効果があるりますが、ディタステリドは側頭部の薄毛にも効果があります。

フィナステリドは効果
参考:三越屋

フィナステリ頭頂部とオデコの生え際に効果

それと対比して「ディタステリド」は頭頂部、オデコの生え際でけでなく側頭部にも効果があります。

アボダートとディタステリド
参考:三越屋

ディタステリドが優れているか?

では、ディタステリドが優れているか?という事ですが、一概にそうは言えないようです。

フィナステリドは頭頂部とオデコの生え際の薄毛に効果的というデータもあります。
一般的な男性型脱毛症の場合は側頭部は問題が無いことが多いため、あえてディタステリドを選択する必要が無い場合があります。
フィナステリドは「頭頂部、オデコの生え際」に強く効果を持つ。
ディタステリドは「頭部全体」に平均的に効果を持つ。

また、特に海外ジェネリックにおいては費用的にもフィナステリドの方が安価であるのも強みです。
まずは費用感で選択するのも良いかもしれません。

例えば以下のフィンカ―は47円/錠(分割しようならば10円/錠以下)

フィナステリドを使用したが期待した効果を得られなかったのでディタステリドへ切り替えるとい方もいらっしゃいます。

タイトルとURLをコピーしました