緊急避妊薬で失敗しない正しく利用

contraception

アイピルとは?

アイピルとは日本でも承認されているノルレボのジェネリック薬品です。

避妊に失敗又は失敗した可能性がある場合に妊娠を避けるためのお薬になります。
性行為から72時間以内に1錠服用するだけで、重要なのは可能な限り早く服用する事です。
24時間以内ですと95%の避妊率となりますが服用までの時間が遅くなれば妊娠の確率が高くなります。
女性の体に負担がある避妊方法ですが、不要な妊娠をすると更に女性への負担が大きいので、急いで対応が必要です。

緊急避妊薬アイピル
緊急避妊薬アイピル

ヤッペ法は避妊効果が低く副作用も!

緊急避妊方法は2つの方法(お薬)があります。
1つは1970年代から使われ来た「ヤッペ法」という決められた時間にお薬を2回に服用する方法です。2回お薬を服用する事からも比較的に副作用が起きやすく、また避妊率が低くくなっています。
・24時間以内の服用:77%
・72時間以内の服用:31%

現在、日本でも2011年から認可され通販でも購入可能な「アイピル(レボノルゲストレル)」の1錠のお薬服用タイプの緊急避妊方法が選択されています。

低用量ピルで女性主導の避妊を

低用量ピルでの避妊は正しく毎日服用出来れば99.7%と高い避妊率となっています。
一般的なコンドームでの避妊失敗率は意外と高く15%程度と言われています。
確かに男性目線からすると「面倒で出来れば使いたくないコンドーム」という男性も少なくはないはずです。
緊急避妊薬は女性の体に負担がかかりますので、通常の避妊方法をコンドームだけではなく、女性主導で避妊を検討する事も大切では無いでしょうか。
コンドームと低用量ピルを合わせて利用すれば避妊については、まずは問題はないはずです。

コンドームを正しく使いましょう

コンドームは最も一般的な避妊方法ですが、コンドームを装着しても失敗する場合があるようです。
正しく適切に使用が出来ていれば問題ありませんが、コンドームの保管方法や装着方法の誤りで妊娠する事が無いように、低用量ピルと合わせて利用すれば、より確実です。

コンドームの正しい装着方法

中身を端に寄せて封を空けます。
封を切る際や取り出す時にコンドームを傷つけないように注意して取り出してください。
*裏表の確認を間違えると行為の最中に抜けてしまう事もあります。
 表側には潤滑液がついてますので、それを男性器側にすると滑ってゴムが取れてしまいます。
勃起している状態で「精液だめ」を捻じって空気が入らないように押さえます。
そのまま片手で亀頭へ押さえつけて密着させ、もう片方でコンドームを巻き下ろすようにしてください。
爪でコンドームを傷つけないように、優しくスルスルとコンドームを根元まで下ろしていきます。
この時、男性器の根元の根元までコンドームが被さるように調整をして下さい。
男性器と皮を一緒に持ち上げながら、コンドームをしたにズラすように下げて行ってください。

 

タイトルとURLをコピーしました